バイク個人売買で購入希望者が現れた場合

バイク個人売買で購入希望者が現れたら

個人売買の仲介サイトを利用してバイクを売りに出し、運良く購入希望者が現れたら慎重に行動する必要があります。
購入希望者が現れた時点ではまだバイクが売れたわけではなく、売ろうとしているバイクに興味をもった人が連絡をしてきただけです。

 

 

個人売買はバイクを買いたいと言ってきた人が現れてからが非常に重要で、購入希望者との交渉や説明によってはバイクを買ってくれない場合もあります。
せっかく現れた購入希望者を逃してしまうと次の購入希望者が現れるまで再び待つことになるので、一発勝負と考えてください。

 

 

個人売買はバイクが売れないことも珍しくないので、購入希望者を逃してしまうのはかなりの痛手です。
そうならないためには、価格交渉や代金のけ受渡し方法などはできるだけ柔軟に対応してださい。

 

 

自分の都合ばかり購入希望者に押し付けていると、相手が手を引いてしまう可能性が高くなるので無事に売却までこぎ着けたら、売却に必要な手続きや引渡しをいつ行うのか、手続きにかかる費用はどちらが持つのかなど、バイクを引き渡すまでの行動を細かく相手と調整してください。
調整が済んで売買契約書を作成して、売主と買主がそれぞれ行うことを“契約”としてはっきりさせておいてください。

≪バイクを相場よりも15万円高く売る方法≫

 

バイク比較.comの査定バイク比較.comの無料一括査定

バイク比較.com

 

バイクを廃車・売却する際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

 

こんなバイク売れるのだろうか?」と思っている事故バイク・不動バイクの場合でも積極的に買い取ってくれる買取業者が増えています。

 

バイク比較.comの特徴

  • 数分の入力で申し込み完了!
  • 大手優良会社を含め一括査定ができる!
  • 事故車・不動車も対応!

 

バイクを売ろうと考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
【バイク比較.com】全国対応/バイク買取一括査定

 

バイク比較.com

 

※ 一括査定の手順はこちらのページで解説しています。

 

TOPページ 買取業者の選び方 買取業者口コミ・評判 廃車バイク売却後 お役立ち情報