バイクの画像を用意する

バイク個人売買の場合にはバイクの画像を用意する

個人売買を利用してバイクを売却する場合は、バイクの見た目をわかりやすくすることが必要です。
文章でバイクの状態を説明しても構わないのですが、画像を掲載すれば見ただけでどんなバイクなのか、どういう状態なのかを理解できるので、文章で説明するよりも強力にアピールできます。
ただ、画像はバイクの写真を撮れば良いというものではなく、どこを撮るのかで見た人が得られるバイクの情報が変わるので取り方がとても大事です。

 

 

バイクの画像を取る場合は、まずバイクをきれいに洗車してワックスをかけます。
次にキズがある部分を探し、どんなキズが付いているのかがわかるように少し近めに画像を撮ります。
小さなキズは撮影しなくてもよいですが、深い軸や破損部分は必ず撮影してください。

 

 

次にバイクの全体像を横から撮影し、正面や後方からも撮影します。
最後にエンジン部分やマフラー、走行距離メーターを撮影します。撮影した画像はそのまま個人売買仲介サイトに掲載しても構いませんが、画像から個人情報が割り出される恐れがあるので場合によっては加工が必要です。
また、画像に付加される情報に注意してください。
特に携帯電話で撮影する場合は、GPS機能を確認してください。
GPS機能がONのままだと、撮影した画像に位置情報がついてしまいどこで撮影されたのかがわかってしまいます。

 

 

自宅で撮影をした場合はネット上の地図で自宅の場所が特定されてしまうので、GPS機能のある携帯で撮影する場合はかならずGPS機能をOFFにして下さい。

≪バイクを相場よりも15万円高く売る方法≫

 

バイク比較.comの査定バイク比較.comの無料一括査定

バイク比較.com

 

バイクを廃車・売却する際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

 

こんなバイク売れるのだろうか?」と思っている事故バイク・不動バイクの場合でも積極的に買い取ってくれる買取業者が増えています。

 

バイク比較.comの特徴

  • 数分の入力で申し込み完了!
  • 大手優良会社を含め一括査定ができる!
  • 事故車・不動車も対応!

 

バイクを売ろうと考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
【バイク比較.com】全国対応/バイク買取一括査定

 

バイク比較.com

 

※ 一括査定の手順はこちらのページで解説しています。

 

TOPページ 買取業者の選び方 買取業者口コミ・評判 廃車バイク売却後 お役立ち情報