バイク個人売買時に受け渡し方法や支払い方法を指定しよう

バイクの個人売買の際に受け渡し方法や支払い方法を指定する

個人売買で問題になるのがバイクの受け渡し方法です。

 

 

バイクは運送業者に依頼すれば輸送できますが、費用が数万円かかることもあるので意外と高額になります。
個人売買の場合はバイクが売れると、買った人が直接バイクを取りに来る手段がとられることもありますが、それが出来ない場合は輸送という手段を取る必要があります。

 

 

どの方法にせよバイクの引渡しに費用がかかる場合は、引渡しにかかる費用をどちらが負担するかを明記しておきます。
基本的にはバイクの購入者が負担することが多いのですが、きちんと書いておかないと、どちらが負担するかで問題になる場合があるので必ず明記しておきます。

 

 

売却条件に直接取りに来れる人のみを指定することもできるので、都合に合わせて選択してください。
ただし、バイクの引渡し方法を限定するとバイクが売れにくくなるという欠点があるので、できるだけ幅広い方法に対応したほうが売却には有利です。

 

 

代金の支払い方法も同様に、銀行振込と振込先に利用する銀行名を明記しておきます。
バイクの購入者が決まるまでは口座番号を公開する必要はありません。
バイクを直接引き渡す場合は手渡しも指定できますが、トラブルの原因になりやすいので銀行フリ恋を利用したほうが安全です。

≪バイクを相場よりも15万円高く売る方法≫

 

バイク比較.comの査定バイク比較.comの無料一括査定

バイク比較.com

 

バイクを廃車・売却する際には、一度無料一括査定に出してみましょう!

 

こんなバイク売れるのだろうか?」と思っている事故バイク・不動バイクの場合でも積極的に買い取ってくれる買取業者が増えています。

 

バイク比較.comの特徴

  • 数分の入力で申し込み完了!
  • 大手優良会社を含め一括査定ができる!
  • 事故車・不動車も対応!

 

バイクを売ろうと考えている人はもちろん、迷われている人も“無料”なので是非試してみてください!
【バイク比較.com】全国対応/バイク買取一括査定

 

バイク比較.com

 

※ 一括査定の手順はこちらのページで解説しています。

 

TOPページ 買取業者の選び方 買取業者口コミ・評判 廃車バイク売却後 お役立ち情報